コスメ

雑菌がトイレより多い?!【汚い】メイクスポンジ洗ってますか?

こんにちは。みりんうさぎです!

突然ですがみなさん、メイクに使うスポンジやブラシ、ちゃんと洗っていますか?

なんと、たった1週間洗わないだけでトイレの床より雑菌が多くなると言われています。汚い!!汚すぎる!!

最後に洗ったのはいつですか?
思い出せない…というあなた!かなりやばいです。化粧をするたびに顔面に雑菌を塗り広げていることに…

ファンデーションのスポンジやパフは肌の皮脂や油分を吸収します。それをエサとし、バクテリアなどといった雑菌や細菌が繁殖します。それを毎朝顔面に塗り広げているんですね…
ぎゃあああああ!!!!!!

さらに、洗面所などは湿気があるので、雑菌を培養するのに最適な環境。雑菌が雑菌を呼んでもうそのパフは雑菌の塊です。

どれだけ汚いか、おわかりいただけたかと思います。もしかするとあなたの慢性的な肌荒れやニキビの原因は、メイク道具が雑菌の住処になっているからかもしれません…心当たりのある方は今すぐ洗ってください!

いきなりできたニキビをできるだけ早く治す方法まとめこんにちは。みりんうさぎです。 Twitterをやっていると『ニキビについて』のご質問がDMやコメント、質問箱でたくさん届きます。...

では、スポンジやパフ、ブラシはどのようにお手入れすれば良いのでしょうか?

スポンジの場合

ファンデーションをスポンジで塗っている方も多いのではないでしょうか?まずは、スポンジの場合のケアをご紹介します。

洗う頻度



1日目に表
2日目に裏を使用と考える。
その場合、2日に1回が理想。

ですが、2日に2回も洗うの面倒くさいですよね。
しかも、家の中に湿気が多くて干せない場合、外に干すことになります。雨が続くと干せませんよね。生乾きのスポンジはさらに雑菌を培養します。

そこで、安く手に入るスポンジはもう使い捨てにしてしまうのがおすすめ。

おすすめはロージーローザ。昔から口コミが良く、定評もあるので安心ですね。高品質なのに安いし、プロのメイクさんにような薄づきメイクができることで有名です。

使い捨てを上手く使い、なるべく負担なく、清潔に保ちましょう。

洗い方

中性洗剤か
メイク道具専用のクレンジングをつけて、もみ洗いする。

中性洗剤

中性洗剤というのは、食器洗い洗剤のことです!
食器洗い洗剤は油汚れを落としやすいですよね。ですので、ファンデーションなどの油がよ〜〜く落ちます。
ぜひ、お手持ちの食器洗い洗剤を使ってもみ洗いしてみてください!

メイク専用クレンジング

食器洗い洗剤でも洗えますが、やはり専用クレンジングの方がスポンジが痛みにくく、長持ちします。
洗浄力で選ぶならシュウウエムラ スポンジクリーナー

海外でも人気のシュウウエムラのクリーナー。洗浄力がとても高く。油汚れもするする落ちます。ただ、その洗浄力の強さゆえ洗った後、手が乾燥するのがマイナスポイント。ですが、とても綺麗に洗浄してくれるので、お手持ちのスポンジが雑菌の宝庫確定の人はシュウウエムラがおすすめ。

    ☑️ごっそり汚れを落としたい人
    ☑️お手持ちのスポンジがかなり雑菌だらけの人

シュウウエムラはこんなあなたにおすすめです!

もう1つ人気なのは資生堂 スポンジクリーナー

レビューなどで、シュウウエムラのスポンジクリーナーとよく比べられていますね。どっちもコスパが良くて効果も同じぐらいで似たり寄ったりだからですね。

資生堂はシュウウエムラと比べると少し洗い心地がマイルドで、手が乾燥したりはしません。ですが、ちゃんとごっそり汚れは落ちます。

    ☑️スポンジをできるだけ長持ちさせたい人
    ☑️手が乾燥するのが嫌な人

資生堂はそんなあなたにおすすめです。

パフの場合

ファンデーションやお粉、チークについてくるパフ。もう何年もそのまま。なんて方いませんか?
パフのケアも基本的にはスポンジと一緒。ちゃんと洗って清潔に保ちましょう。

洗う頻度



1日目に表
2日目に裏を使用と考える。
その場合、2日に1回が理想。
1面パフの場合は毎日が理想です。

洗い方

スポンジと同じです。中性洗剤か専用クレンジングでもみ洗いしましょう。

ちなみに、洗った後干して乾かし、揉み解しても元のふかふかの状態に戻らないパフは、もう寿命です。傷んだパフはお粉も含みにくい状態になっているので、買い換えたほうが無難です。

ブラシの場合

ブラシに関しては、スポンジ、パフとはお手入れ方法が少し異なります。
ブラシの一般的なお手入れ方法をご紹介します。

お手入れ方法

毎日:
使用後、ティッシュを敷いて、ブラシを掃くようにして汚れを落とします。ティッシュに汚れを移してブラシを清潔に保ちましょう。

月に1回:
毛の部分にクシ(頭髪用でok)を入れて掃除しましょう。内部に付着したゴミや汚れがブラッシングでかき出され、清潔な状態を保てます。
クシは安いので充分です。

数ヶ月に1回:
洗いましょう。水またはぬるま湯で中性洗剤、を泡立て、(もしくは専用クレンジングを使用)ブラシの根元から毛先に向かって汚れを軽く押し出すように洗いましょう。ブラシはあまり頻繁に洗うと傷んでしまうので、数ヶ月に1回でokです。その代わり毎日ティッシュで拭きましょう。

注意点

スポンジ、パフ、ブラシ共に、形がくずれるので、強く絞りすぎないでください。ティッシュやタオルではさみ、水分を十分に取ってから乾かしましょう。

また、乾かす時は洗面所やなどではなく、風通しの良いところで乾燥させましょう。でないと雑菌が余計に繁殖し、逆効果になります。

まとめ

肌のお手入れはするのにメイク道具のお手入れをしないのは、ホワイトニングをするのに歯磨きをしないようなものです。

もう一度言います。今あるニキビの原因はメイク道具に蓄積された雑菌が原因かもしれませんよ!!心当たりのある方はすぐに洗ってください!

普段使うメイク道具はしっかりとお手入れをしてあげて、清潔な状態で使いましょう。そうすると、肌をさらに美しく保てますよ!

BEAUTY THE BIBLE1【感想と議事録まとめ】こんにちは。みりんうさぎです。 12月1日からAmazonプライム・ビデオで始まった「BEAUTY THE BIBLE」(ビューティー...
BEAUTY THE BIBLE 7【コンシーラーで素肌が輝くメイク】まとめこんにちは。みりんうさぎです。 12月1日からAmazonプライム・ビデオで始まった「BEAUTY THE BIBLE」(ビューティー...
美容オタクが本気で厳選【ベストコスメ2019】(おすすめサプリ編)こんにちは。みりんうさぎです! ベスコス2019、コスメ編、スキンケア編に続き、サプリ編です! ・コスメ編はこちら ・スキンケ...
ABOUT ME
みりんうさぎ
デザイナー兼美容ライター&ブロガー。 「要点さえ押さえれば誰でも美人になれる」 ことを皆さんに伝えるべく、このブログを書いています。