コスメ

【写真付きレビュー】POLAのディエムクルール コンシーラーが最強!

こんにちは。みりんうさぎです!

今日は、POLA(ポーラ)のコンシーラー、ディエム クルール カラーブレンドコンシーリングパウダーを紹介します。

以前こちらのツイートでご紹介し、大きな反響をいただいたコンシーラー。

結論から言うと、本当に神なので買う価値は大いにありです!

・クマがひどい
・しみ・そばかすを隠したい
・小鼻の周りの赤みが酷い

そんなあなた、
コンシーラーをベタ塗りして隠すと、顔全体の透明感が消えますよ!

かくいう私も毎日コンシーラーをベタ塗りして、必死にあらを隠していた勢。
そんな中、POLAのディエムクルール コンシーラーに出会いました。

これがもうめちゃくちゃ良くて心から感動。
さっとひと塗りするだけで今までの悩みが全て消え去りました。

みりんうさぎ
みりんうさぎ
もっと早く出会いたかった…

そんなわけで、詳しくレビューしていきたいと思います!

特徴と説明
POLA ディエムクルール コンシーラー

・無香料
・SPF18 PA++
・色彩技法を使用して設計

ちゃんと紫外線対策ができるので安心ですね。

そしてこのコンシーラーの最大の特徴は何と言っても、
色彩技法で気になる部分をカバーしてくれる点。

気になる部分を覆い隠すのではなく、美しい肌の一部となるようになじませる新発想のコンシーリングパウダー。色彩調和の考え方からヒントを得た「ハーモナイズカラートリック」という技法で設計されています。
シミなどのトラブル部分に合った色調を、点描画のように肌にのせることで、
透明感を損なうことなく肌になじませるという新発想。
トラブルを肌色で覆い隠すのではなく、カラフルな点描で美しい肌の一部として演出します。
POLA公式ページより引用

ただ塗り重ねるのではなく、色彩調和を利用して設計されているので、透明感を消すことなく肌に馴染むんですね。
これは、今までになかった発想のコンシーラーですね。

用途に合わせた使い方
POLA ディエムクルール コンシーラー

このコンシーリングパウダーは、いろいろな使い方ができます。

1. コンシーラーとして
2. チークとして
3. リップカラーとして

1. コンシーラーとして

2. チークとして

2. リップカラーとして

実際に使ってみた!レビュー
POLA ディエムクルール コンシーラー

今回は、実際に目の下のクマと、鼻の赤みを隠してみました!

目の下のクマ

まず、塗る前がこちら。

皮膚が薄く、青クマがしっかりとできていますね。
こちらを隠していきます。


サッとひと塗りしただけでとても綺麗に隠れました!
ビフォーアフターを比べてみると、その差は一目瞭然。
しかも、厚塗りじゃないので目の下の透明感が消えていません!並べてみると一目瞭然ですね。

みりんうさぎ
みりんうさぎ
優秀すぎる。

小鼻周りの赤み

次に、小鼻周りの赤みを隠していきます。
塗る前はこちら。

結構赤みが強いですね。

みりんうさぎ
みりんうさぎ
汚くてすいません…

青い部分を筆に取り、サッと塗ると…

え?赤みどこいった??

こちらも肌の透明感を消すことなく、赤みがしっかりと隠れました。
並べてみるとこんな感じ。

みりんうさぎ
みりんうさぎ
もう一生ついていく!!

ちなみに、チーク部分の色味はこのような感じ。

多幸感のある、かわいいピンク色です。

評判は?口コミ調査
POLA ディエムクルール コンシーラー

SNSで話題になったこちらのコンシーリングパウダーですが、評判はどうなのでしょうか?
ではここで、SNSでの口コミを見てみましょう。

私と同じく、感動する人が続出。
クマも小鼻の赤みも誰でも簡単に隠せることでかなり話題になっていますね。

みりんうさぎ
みりんうさぎ
やっぱり感動するよね?!これもう革命だよね!

こんな人におすすめ!
POLA ディエムクルール コンシーラー

・目の下のクマが気になる
・鼻周りの赤みが気になる
・シミ・そばかすが気になる
・でもコンシーラーで隠すとよれる
・コンシーラーが厚塗りに見える
・透明感を残したまま肌のアラをカバーしたい

こんな人におすすめです!
美容オタクの私が思い切り感動したこのコンシーリングパウダー。買って損はないと思います!

おすすめベースメイク6選としてもご紹介していますので、よろしければそちらもお読みください!

【透明感オタクが本気で選ぶ】おすすめベースメイク6選こんにちは。みりんうさぎです。 先日私はこういったツイートをしました! ファンデ断ちをして約5年。『ファンデーションを塗らな...
ABOUT ME
みりんうさぎ
デザイナー兼美容ライター&ブロガー。 「要点さえ押さえれば誰でも美人になれる」 ことを皆さんに伝えるべく、このブログを書いています。